レンタルが充実しているスキー場であれば、ほぼ手ぶら状態で日帰りスキーを楽しむ事が出来るようになっています。
レンタルできるものは、スキー板等の道具類、スキーウェア、帽子やゴーグル等の小物類です。
ですから、殆どの荷物が必要ない状態になるのですが、それでも持って行った方が良い物もあります。

それが、スキー場で履く厚手の靴下と、帰りに履く着替え用の靴下、帰りの着替えのインナー類、更にネックウォーマー等の防寒対策の小物等です。



ウェアの下に着るインナーや防寒具は着ていく事で、荷物の量を減らす事が出来ます。
これ以外にも、スキー場というのは紫外線の照り返しが強い為、日焼け止めも必要になります。

そして、乾燥が激しい事も多く、保湿ケア用品やリップクリームも持っていく事がおすすめです。

更に現金や携帯電話等、必要最低限の荷物は必要になります。

その為、全く手ぶらという状態は難しいですが、それでも板やウェア等のかさばる荷物を抱えていく日帰りスキーツアーに比べて荷物はとても少なく、快適に移動する事が出来るようになります。

リクナビNEXT JOURNAL情報はすぐに役立ちます。

ただ、レンタルを利用すると、それだけレンタル代がかかる事になります。
日帰りスキーツアーの中には、板やウェアはレンタルに含まれているけれど、小物類は含まれていないという事もあります。

日帰りスキーは無限の可能性に満ちあふれています。

それだけに、レンタルを利用する場合は、その詳細をしっかりと確認し、含まれていない物をレンタルする為に別に費用が必要な場合は、その費用も準備しておく事が大切です。